ペットショップの金魚ブログです。 仕入れた金魚達のご紹介をしています。通信販売でご購入も可能です。
瑪瑙蘭畴について

瑪瑙とは???

1















国内では紫がかった銀色に茶が入る個体カラーを瑪瑙と呼んでいるようです。

国内では瑪瑙。ただ瑪瑙色の金魚はほとんどが中国金魚。

中国ではこのカラーは紫藍と呼んでいるようです。

中国での色の呼名
紫=茶 ※茶金などの色
藍=青 ※青文魚などの色

2















カラーは非常に魅力的ですが瘤がまだまだ弱かったり背なりが悪かったりとまだまだ改良が必要なところがあるように思えますが。

3














しかしながら、この色彩は非常に魅力的です

かなりの良魚を選別して仕入れてきましたので絶対のおすすめ魚たち

4














5














生産数もかなり少ないため国内への入荷も年に何回もありません。この機会、見逃してはいけませんね。

※近日通販ページにUp予定

咲ひかりを食べて元気に泳いでおりますよ~

価格6,800円 体長5.5~6cm 全長7~7.5cm  5匹のみ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ     ありがとうございます!
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
ちょこっとお勉強タイム

人気のある江戸錦ですが、

江戸錦とはいったいどんな品種なのでしょうか?


浅葱が綺麗


















江戸錦とは???
モザイク透明鱗のキャリコ体色をしたらんちゅう体型の品種

国産について

江戸錦は日本で作出され、1961年からつくり始め固定化された品種

らんちゅうと東錦とを交配させてつくられました。
名前の由来は産地名から江戸錦と命名されたそうです。

この固体化には非常に長い年月がかかったようです。
背鰭のないモザイク透明鱗の金魚。

どうしてもらんちゅうが劣性のためなかなか背のないキャリコ柄の魚をつくることは難しかったようです。

いっぽう
中国産は???
江戸錦と呼びません
五花蘭畴、モザイク透明鱗の体色をもったらんちゅうといったことでしょう。
中国でつくられ始めたのはは1935~1954年ごろといわれていますっが
ただ今のような立派な体型をした品種を作り始めたのは1990年ごろとごく最近からです。
一説によると今中国で主流となっている五花蘭畴の元親は日本の江戸錦ではないかといわれておりますが定かではありません。

※日本の物に比べ大型化し、かなり丸手、瘤もしっかりと有りますが、国内のものは瘤なども弱くまだまだ改良の余地がありそうです。

尚、五花=キャリコ 蘭畴=らんちゅうとなり 中国の金魚は全世界に流通されておりその流通名はキャリコランチュウとなります。

どうかな???


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ     ありがとうございます!
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
羽衣らんちゅう

本日羽衣らんちゅうを通販ページにUPいたしますが、

実際、羽衣らんちゅうとはどのような品種なのでしょうか?

羽衣らんちゅうは愛知県の弥富にある良質でとても丈夫ならんちゅうで有名な深見養魚場で作られている品種です。

高頭の青文魚とらんちゅうを交配させ、累代繁殖して作出されたなかから出現した品種。

元気!
















2
















白い体色に藍、墨が入る美しい品種です。

もちろん丈夫で飼育しやすい品種でもあります。

通販ページUPをお楽しみに

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ     ありがとうございます!
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
東錦のこの体色・・・

東錦はオランダと三色出目金の交配種ですが。

東錦はキャリコ柄ですね。

キャリコという意味はまだらという意味です。

他にもモザイク透明鱗とも言います。

モザイク透明鱗は普通鱗と透明鱗は交配して混在した模様になったものをいいます。


関東東錦

1
















2

















鈴木系東錦

3

















4
















初めて作出された方はさぞかし驚かれたことでしょうね。
こんな美しい柄ができるなんて。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ いつもありがとうございます
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
丸手と長手の基準

よく丸手と長手と金魚では言われますが・・・

実際のところはどうなのでしょうか?

これは昔からツゲぐしで喩えられます

ちょっと汚い絵ですみません

丸いツゲぐし
丸!
















長いツゲぐし
長!

















らんちゅうで見てみましょう

丸手
体型が寸詰まりで背の丸みが強い
1

















長手
体型が長く、背が長い
2
















国産でいえば、
昔から親しまれている弥富の蘭鋳(丸手)と近年人気が高い浜松のらんちゅう(長手)が特徴が良く出ていてわかりやすい思います。

面白いですね~

金魚って。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ いつもありがとうございます
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
久々のお勉強会

お勉強の前に

今までキャノン・パワーショットG11にて撮影しておりましたがブログの画像をよりよいものにするためステップアップ

一眼レフデジカメを購入いたしました
(キャノン EOS 60D+純正マクロレンズEF-60mm USM)
これからもよい個体をよい画像でご紹介していきたいと思います。
ちなみに自腹です(爆
















このように臨場感をうまく再現できます
仲良し


















そこで

今日は浜錦と高頭パールの鱗について

マクロレンズを利用して

鱗をUPで撮影してみました

よく、浜錦と高頭パールの違いはと聞かれることがありますが明らかに違うのはこのパール鱗

見てくださいね

これが浜錦
どうよ(笑
















これが高頭パール
デコボコ?
















わかりますか?

浜錦は普通鱗が逆立って見えますが、高頭の鱗はデコボコで明らかにたまご状です。
また、キャリコ柄の浜錦は今現在存在しないと思われます(昔はいたらしい)
浜錦には透明鱗タイプはおらず、素赤と更紗、高頭は更紗といっても透明鱗いわゆる桜タイプとキャリコが多く存在します。

ご購入の際はチェックしてみてくださいね~

これからのブログ画像に注目でーす


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ いつもありがとうございます
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
はーい
元気にいってみましょう

先生でーす

今日は和蘭獅子頭についてのお勉強ですよ~

NO3 和蘭獅子頭

中国から来た品種だと思われているようですが実際は定かではないようです。
名称の由来は輸入当時の日本では舶来品にオランダの名が付けられたため、また肉瘤が獅子に喩えられこの名になったようです。

発生起源は中国にて琉金の中から稀に出現する肉瘤のある個体を固定化したと考えられている。

オランダは体長が短く、早いうちから肉瘤が発達するもの、丸手なものが人気のようです!

通常のオランダのほかに長手オランダ、日本オランダ、ジャンボオランダなどの品種が人気です!

1
















2
















金魚力UP

それでは、またね

石B先生でした~

人気ブログランキングへ   金魚のこともっとお勉強してお友達作りましょう。
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
はーい
元気にいってみましょう

先生でーす

今日は琉金についてのお勉強ですよ~

NO2 国産琉金

今から200年以上前、大陸から琉球(沖縄)を経由して渡来した金魚といわれる。

   『琉球からきた金魚』

として名づけられたようですが元々は中国から来た金魚です。

ただ、最近中国からくる琉金は日本の琉金が元親として使われているものだそうです。

1
















日本ではもっともポピュラーで和金につぎ、人気の高い金魚。
特徴といえば、体は丸く、各鰭は長い、泳ぎは優雅で見るものを魅了します。

2
















上見での鑑賞より横見での鑑賞が好ましい。

肉瘤などの発達が無い品種で体の割りに頭が小さく頭部後方から背びれに向かって適度な丸みをもった個体が好まれる傾向にあります。

最近ではこの角度が高い ”体高のある個体”がかなりの人気のようです

3

















4
















尾筒は太くしっかりとして、尾鰭は大きく広がるのあるものがよいようです。
5
















金魚の生産地でもあった江戸川区の堀口養魚場さまの琉金は有名ですが、最近では埼玉産や信州産が人気があります!


※長物(和金や朱分金など)との混泳は避けましょう。長物は泳ぎが速いので琉金の美しい尾鰭などを突付く可能性があります。

やっぱり金魚は琉金かな???


金魚力UP

それでは、またね

石B先生でした~

人気ブログランキングへ   金魚のこともっとお勉強してお友達作りましょう。
拍手する←お気に入り記事に拍手パチパチ!
1  2 
Twitter
金魚部のツイッターがこっそり開始しました。
何かお得な情報があるかも!?
toukatupetをフォローしましょう
金魚部飼育相談BBS
金魚部飼育相談BBS開設!
皆様で盛り上げていく掲示板です。
金魚部スタッフもお邪魔する事があるかも♪

今後、飼育相談に関するお話はこちらでお願い致します。
ブログ内のコメント欄には、金魚の価格などのお問い合わせにご使用下さい。
ランキング参加中!
応援クリック、お願いします!
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 4
10
14
21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
当ブログオーナーの石Bです
性別:
非公開
自己紹介:
日本観賞魚振興事業協同組合認定 観賞魚飼育・管理士 登録番号10903077
日中は10店舗のペットショップのマネジメントをしているマネージャです その傍ら金魚部の責任者をさせていただいております。金魚の仕入れに命掛けてます(笑 
当金魚部の金魚はすべて問屋様に直接いって選別仕入れをしています!金魚大好き!楽しく毎日更新中!!!趣味:カメラ撮影(野外での撮影が主で昆虫・動物・植物などの撮影が好きです)金魚部アンケート
只今アンケートを実施中!
ご協力お願い致します。

メルマガ登録・解除
最新入荷情報や、特売のお知らせ。
メルマガ登録者様限定のプレゼントなんかもあったりします!
誰よりも早く情報を知りたい方は是非ご登録下さいvv

 

上記フォームから上手く登録出来ない方は
コチラから


金魚部携帯サイトです。
QRコードを読み込めない方は
こちら


↑金魚部通販はこちら↑
こちらのブログで紹介している金魚達はこちらでお買い求め頂けます。
また、金魚の種類・色・希望価格など詳細をメールにて頂ければ、問屋様より探して来る事も可能です。
お気軽にご相談下さい。

金魚についてのご質問もどうぞ!
カウンター

メールフォーム
ブログに掲載されている金魚についての問い合わせ等、お気軽にどうぞ!
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ